事件

【池袋通り魔殺人事件】造田博の学校(高校+大学)はどこ?進学校に入学|仰天ニュース

更新日:

2022年5月24日の『仰天ニュース』にて、1999年にあった「池袋通り魔殺人事件」が取り上げられます。

 

2組の夫婦を襲い2人の女性を殺害し、6人の負傷者を出しています。

 

その事件の犯人が、造田博(ぞうたひろし)です。

 

通り魔的犯行で、非道なものでした。

 

「私このまま死んじゃうのかな?」池袋通り魔殺人事件について

 

この記事では造田博が通っていた学校について書いていきます。ぜひ上のものと併せて見て行ってくださいね。

 

【池袋無差別殺人】造田博(ぞうたひろし)の高校は?|仰天ニュース

 

岡山県立倉敷天城高等学校

引用:wikipedia

 

岡山県倉敷市の学校です。

 

造田博は1975年に岡山県倉敷市で生まれているので県内ですね。

 

偏差値57-58(現在)、併設型中高一貫校とのことです。

ランキング

岡山県25位 (226件中)

岡山県公立11位 (125件中)

全国1753位

(2022年)

 

教育

中高一貫校化に伴って、大学進学重視をさらに鮮明に打ち出しており、中高一貫の1期生の卒業時の難関大学合格者数の向上を目標としている。理数教育に力を入れており、スーパーサイエンスハイスクールにも指定されている。

 

将来は事務系の仕事に就きたいと考えた造田博は、大学進学を希望していました。

 

進学校に入学するために、中学3年生の時には参考書や問題集を持ち歩いて、いつも勉強していたようです。

 

その甲斐あって1991年に、県内の進学校である倉敷天城高校に入学しました。

 

学校での成績も優秀だったとのことですが、1993年3月31日に高校2年生で退学。

 

退学の理由なんですが、造田博が特に問題を起こしたわけではありません。

 

造田博の両親はギャンブルで借金数千万を抱え、借金の取り立てに追われたため、両親が自宅から姿を消しました。

 

その後も取り立ては続き、学校生活がままならなくなり、退学します。

 

退学後は弁当屋で働き始め、事件を起こす時までに14もの職に就いています。

造田博の生い立ちや家族について!前科もあった

 

【池袋無差別殺人】造田博(ぞうたひろし)の大学は?|仰天ニュース

 

大学進学はしていない

 

大学進学を目指していた造田博ですが、大学進学はしていません。

 

高校を退学してからは色々な職を転々としています。

 

1999年に造田博はたった200ドルのみを持ってアメリカに渡り、日本領事館に保護され同年に帰国しています。

 

その後、働きながら大学に通うことも考えたようですが、費用の面で頓挫しました。

 

職を転々としていたほどですから、安定した収入はなかったかもしれませんね。

 

【池袋通り魔殺人事件】造田博(ぞうたひろし)の学歴 まとめ|仰天ニュース

 

造田博は高校を卒業していないので、中卒ですね。

 

特に不自由ない生活を送っていたようですが、両親の借金からどんどん崩れていきましたね。

 

社会への不満も大きかったのではないですかね。

 

 

造田博は1999年に事件を起こし、2007年に死刑が確定しています。

 

ですが、造田博は2022年の現在でも生きています。

 

(2019年までの10年間、確定から執行までの平均期間は約7年4カ月です。)

 

造田博に関して気になりそうなことをまとめたので、よろしければ見て行ってください。

 

-事件
-,

Copyright© 気に知り! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.