ライフ

【ワクワクイベント】名前をつけた名付け親や由来は?ネーミングがダサい・ひどい

投稿日:

政府が「ワクワクイベント」という事業を検討していることがわかりました。

 

これはワクチン接種が3回済んでいる人を対象に、ライブなどのイベントで割引を適用するものだそうです。

 

ただ「ワクワクイベント」という名前に不満の声が多くあります。

 

「ダサい」「センスない」「ひどい」「小学生がつけたような名前」「ふざけてる」などなど軒並み不評でした…。

 

一体この名前を考えたのは誰なのでしょうか。

 

 

「ワクワクイベント」の名前をつけた名付け親は誰? 経済産業省では

 

正式な名称は「わくわり」

 

「ワクワクイベント」と報道されていますが、経済産業省のサイトでは「イベントワクワク割」で「わくわり」になっています。

公式サイト

 

ですから経済産業省の誰かだとは思いますが、現在ではまだ不明ですね。

 

 

「GoToキャンペーン」の発案は今井尚哉と新原浩朗が関係していると言われていますね。

 

今井尚哉は内閣総理大臣補佐官、新原浩朗は経済産業政策局長でした。「GoToキャンペーン」の名前に関しても多少は関与していたかもしれませんね。

 

ちなみにですが現在の経済産業政策局長は平井裕秀(ひらい ひろひで)さんです。

 

もしかしたら今回の「ワクワクイベント」に関係しているかもしれませんが、現在は不明となっています。

 

7日午後に発表があるそうなので、とりあえずはそれを待つしかないですね。

 

「ワクワクイベント」の名前の由来は?

 

ワクチンの「わく」と、ワクワクするに掛けてるようですね。

 

ただ「GoToの方が良い」とか、「何もワクワクしない」とか不満の声が多いですね…。

 

ワクチン後遺症やワクチンを受けれない人などがいて、賛否両論ある事業だと思います。

 

その事業の名前がこんな簡単なものでよかったんですかね。

 

 

「ワクワクイベント」名前に不満の声多数!「ダサい」「センスない」

 

私が見た限り不評ばかりでしたね。

 

 

 

 

 

 

-ライフ

Copyright© 気に知り! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.