事件 都市伝説

【なんだこれミステリー】長南年恵の超能力(霊水)はトリック?顔の画像+死因についても!

更新日:

2022年6月8日の『世界の何だコレ!?ミステリー』にて。

 

生き神、女生神と呼ばれていた長南年恵(ちょうなんとしえ・おさなみとしえ)さんが取り上げられます。読み方が2つありますが、どちらが間違っているということではないよう。

 

不可思議な力で病を治す謎の女性!?

「霊水」を操り…“超能力”騒動は裁判へ!

 

明治時代の超能力者・霊能者のような方ですね。

 

密封された空き瓶の中を、水で満たすといった超能力を行っていたようです。

 

この水は「霊水」「神水」と呼ばれ、飲めば病を治す力あり、人々が彼女の元に集まりました。

 

長南年恵さんには信じられないようなエピソードが色々あります。

 

この記事では長南年恵さんについてまとめています。

 

 

こちらの2つも、6月8日放送で取り上げられるので良ければ後で見て下さい。

 

生き神・長南年恵(おさなみとしえ)の概要ネタバレ|裁判で超能力が認められたって本当?

 

明治時代の超能力者

 

長南年恵は1863年12月6日に現在の山形県鶴岡市に生まれ、1907年10月29日に満43歳で亡くなりました。

 

20歳頃までの経歴は不明ですが、鶴岡市に小学校が開校した際には入学できなかったようです。

 

入学できずに子守奉公をしていたころ次第に、予言のような言葉を口走るようになったと言われています。

 

子守奉公

江戸時代からみられる、他家の子の子守をすること。

子守奉公の年齢は7歳から15歳くらいまで。

 

以後はその噂を聞いた人たちから相談を受けるようになりました。

 

雇い主からも「いっそ巫女さんとして開業したら」と勧められたという話もあります。

 

 

長南年恵さんは、何もないところから物品を出現させるという現象を得意としていました。

 

空き瓶を水で満たすといったものですね。

 

こういった現象は「アポーツ現象(アポート)」と言われています。

 

超能力で逮捕

長南年恵さんが出現させた水は「霊水」と呼ばれ、飲むと病気が治癒したと言います。

 

しかしこれが、「医師の資格なしに病気治療と称する行為を行った」という詐欺行為となり、逮捕されています。

 

1895年、1896年、1900年と全部で3回逮捕されています。

 

1900年に逮捕され10日間拘置された長南年恵さん側は、この拘置に対して裁判を起こす。

 

長南年恵さんは裁判で無罪を獲得後、弁護士たちから霊水出現の試験を申し込まれました。

 

空き瓶を渡され、「空き瓶を霊水で満たせるか?」というふうに聞かれた長南年恵さんは、「お安いことでございます」と応じました。

 

不審な物を持っていないか厳重に身体検査され、瓶(と衣服)以外に何も持たずに密閉された空き部屋に入りました。空き部屋にも不審な点はありませんでした。

 

5分ほどの後、空き瓶に濃い黄色の霊水を満たして、それを裁判長に渡したとされています。

 

空き瓶には「封をされていた」と語られていますが、大阪毎日新聞では「封をされていた」という記述はどこにもないようです。

 

黄色の霊水」に引っかかった方がいるかもしれませんが、最後に触れますね。

 

「超能力の証明=無罪判決」ではなかった

 

”霊水の試験を申し込まれる→霊水を出現させる→裁判で無罪獲得”と思われていた。

 

先ほど上で書いた通り、裁判で無罪判決が出た後に、霊水出現の試験がありました。

 

ただ、長南年恵さんには長南雄吉という弟がいるのですが、その弟の話によると”裁判中に霊水を出現させたから無罪となった”となっているようです。

 

この話の通りなら超能力が裁判で認められたように思えますが、大阪毎日新聞の話は違います。

 

裁判で無罪を獲得後に、試験を申し込まれたとなっています。実際はこちらのようですね。

 

 

従来では弟の話が本当だと思われていて、”裁判開始→霊水の試験→霊水出現→無罪獲得”の流れだと思われていました。

 

この通りなら超能力が法廷で認められたことになりますが…

 

実際の流れは、”無罪判決→試験→霊水出現”のようですね。

 

ですから、「超能力の証明=無罪判決」というわけではありません。

 

この長南雄吉は、長南年恵さんに関する色々な話を広めていたようですね。

 

裁判後の試験の空き瓶に関しても、「封がされていた」と語っていたようで…

 

弟による誇張された話が広まっていたんですね。

 

女生神・長南年恵(おさなみとしえ・ちょうなんとしえ)の顔の写真

 

 

こちらが「女生神」と呼ばれていた長南年恵さんですね。

 

顔の写真を見る限りでは、特に変わった点はありませんが…。

 

【なんだこれミステリー】長南年恵(おさなみとしえ)の超常エピソード

 

長南年恵さんにはとんでもないエピソードがあります。

 

長南年恵さんのエピソードの多くは、弟の長南雄吉など、長南年恵側の人が語っているものが多いため、真偽は不明です。

 

成人してからも少女のまま

 

長南年恵さんは成人してからも肉体的、精神的に少女のように子供じみていたと言います。

 

周りの人には見えなかったが、身辺には頻繁に神仏が現れて、会話をしたり舞を舞っていたとのこと。

 

不飲不食?

 

長南年恵さんは元々小食だったそうですが、20歳のころからほとんど食事を摂らず、口にするのは生水と生のサツマイモの少量だけだったそうです。

 

それ以外のものを口にすると嘔吐・吐血してしまうのだそう。

 

排泄もほとんど無かったといいます。

 

汗や垢もほとんど出ず、風呂に入らなくても清潔だったそう。

 

病気を治す霊水

 

密封された空の便に、空気中から取り出した水で満たしたと言われています。

 

霊水の色は、赤・青・黄など、様々な色だったようですね。

 

この霊水を飲んだ人の病気が治ったことから、たちまち噂になりました。

 

冷やかし目的の人や、不治の病の患っている人に対しては、霊水が出現しなかったという話もあります。

 

長南雄吉が送った事実証明願

 

弟の長南雄吉が山形県監獄鶴岡支署長宛に「事実証明願」を送りました。

 

長南年恵さんに関する下の内容を、事実と認めるように要請したんですね。

 

(1)小便、大便をまったくしなかった事。

(2)絶食だった事。(最初の60日間は強制された芋を一日少量のみ、後の7日間は絶食)

(3)拘留中、前署長の求めに応じ、監房内にて霊水1ビン、お守り1個、経文の一部、薬を一服、何もないところから出現させた事。

(4)囚人の求めに応じ、薬をアポーツ現象で与えたが、後に囚人の身体検査が行われ、その薬の実在が確かめられた事。

(5)監房内へ神々がご降臨しますと年恵が言うと、係官は空中から笛の音や鳴り物の音を聞いた事。

(6)毎夜神々が年恵の髪を結ってくれたために、監房内での年恵の髪は常に結いたてのように艶があった事。

(7)一斗五升(約27リットル)の水を大桶に入れ、容易に運搬できた事。

(8)夏期でも蚊にまったく刺されることがなく、ついには年恵一人だけ就寝時に蚊帳の外で寝ていた事。

 

1895年に長南年恵さんが最初に逮捕された後の、60日間の勾留中の時のエピソードです。

 

長南雄吉はこの事実証明願を送っていますが、「明治32921日付を以て長南年恵在監中之儀に付き願い出の件は、証明を与えるの限りに在らざるを以て却下す」と却下されました。

 

要は、これらは事実と認められなかったんですね。

 

ただ長南雄吉は、「却下されたが事実として認められた」と解釈し、これらを事実として広めました。

 

真偽は不明ですが、すっごい胡散臭くなりましたね…。

 

【なんだこれミステリー】長南年恵(おさなみとしえ)の死因

 

結核では?

 

長南年恵は1907年に満43歳で亡くなっています。

 

死の2ヶ月前には、自身の死を予言していたそうです。

 

長南年恵の死因についてなのですが、結核と思われているようですね。

 

というのも、水以外のものを口にして吐血するというものは、結核の症状と同じなんだそう。

 

結核は昭和20年代までは、不治の病と呼ばれていたので、この可能性は高そうですね。

 

超能力者の彼女でも、結核は治せなかったんですかね?

 

【なんだこれミステリー】長南年恵(おさなみとしえ)の墓はどこ?

 

山形県鶴岡市の般若寺

 

2006年11月3日には、「長南年恵100年祭」がこちらの般若寺にて行われました。

詳しくはこちら

 

長南年恵の超能力(霊水)は本当?トリックでは?

 

長南雄吉が語るエピソードには事実と異なる点が多い

 

先ほどの超常エピソードの時にチラッと書きましたが、長南年恵さんに関するエピソードは、だいたい長南雄吉が語っています。

 

ただ、長南雄吉の話には誇張されてたりと事実と異なる所が多いようです。

 

裁判で超能力が認められた話、事実証明願の話がそうですね。

 

また、長南年恵さん1900年に大阪朝日新聞の記者から、霊水の出現を取材されているんですが…。

 

長南雄吉によれば、わずか「10分」で空き瓶が「虹のような色」の霊水で満ちたそうです。

 

しかし大阪朝日新聞によると、「4時間」もかかり「ぶどう酒の色」とのこと。

 

どちらが正しいから現在では不明ですが、だいぶ内容は違いますね。

 

霊水の出現に関しても疑問な点も多いです。

 

霊水がトリックの可能性

 

空き瓶に霊水が満ちる所を見せていない

 

裁判後の試験に関しては、長南年恵さんは1人空き部屋に入って、5分ほどで空き瓶を濃い黄色の水で満たしています。

 

ただ、瓶が水で満ちる瞬間は誰も見ていないんですね。

 

上に書いた大阪朝日新聞の取材に関しても、記者は長南年恵さんの後ろの位置にいて、手元が見える状態ではありませんでした。

 

「濃い黄色の水」って…

 

尿では?

 

この濃い黄色の水が「尿」だと思っている方は多いと思います。正直私もそう思ってます。

 

試験で空き部屋に行く際、長南年恵さんは全裸にされ厳重な身体検査を受けて、空き瓶と着用している衣服しか持って行っていません。

 

空き部屋にも特に変なものはありませんでした。

 

でもそんな状況でも、”超能力以外で”空き瓶を満たす方法はありますよね。

 

ただ、瓶に満ちた液体は調べられていないようで、実際に尿だったかどうかは不明です!

 

霊水で病気が治る理由は…

 

「薬剤」が入っていた

 

惟神大道教会という長南年恵さんの信者が作った宗教団体がありました。

 

長南年恵さんはそこで、霊水を売ったり、祈祷料を貰って生活していたそうなんですが…

 

この霊水を警察が調べた所、「薬剤」が入っていたとのことです。

 

ですが裁判の時を含め、全ての霊水に薬剤が入っていたかは不明。

 

【なんだこれミステリー】超能力者・長南年恵(おさなみとしえ)まとめ

 

とまあ、今となっては本当に超能力だったかトリックだったかは不明です。

 

100年以上も前の話ですからね。

 

トリックの可能性もありますが、否定することができないのが現状だと思われます。

 

記者に水が満ちる瞬間を見せていれば…

 

今回『なんだこれミステリー』で長南年恵役を、新山千春さんが演じます。

 

放送では長南年恵さんがどのように描かれているか楽しみですね。

 

 

6月8日放送で取り上げられる、イタリア教会の怪奇現象、謎の観音像写真についてもぜひ見て行ってください!

-事件, 都市伝説
-, ,

Copyright© 気に知り! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.