事件

【なんだこれミステリー】弟・サルー(インド)はなぜ失踪?25年後に母・カムラと再会

更新日:

6月22日の『世界の何だコレ!?ミステリー』

 

”インドのとある兄弟(9歳の兄・5歳の弟)が失踪して、25年後に失踪していたとその母親が再会する”っていう話が取り上げられます。

 

これだけを聞くと…

・なぜ失踪したのか?

・兄はどうなったの?

どうやって戻ったの?

 

など色々と気になりますよね。

 

その辺について書いているので、ぜひ見て行ってくださいね。

 

ちなみになんですが、親子が再会したのは2012年と、割と最近なんですね。

 

弟の名前はサルー・ブライアリーさんと言って、映画にもなっている実話なんですよ!

サルー・ブライアリーの現在や家族について

 

サルーの家族

弟(三男):サルー

兄(長男):グドゥ

実母:カムラ

妹:シェキラ

次男:カル

 

父親はサルーさんが3歳の時に家族を捨て、別の女性と結婚。

 

【なんだこれミステリー】弟サルーと兄グドゥが失踪した理由

 

お金を稼ぐために駅で働いていた

 

貧しい家庭

 

失踪した兄弟ですが、2人に失踪する意図はありませんでした。

 

先ほど上に書いたように、この家族には父親がおらず4人家庭で、母親が仕事をして生計を立てている貧しい家庭です。

 

そんな母を少しでも助けるために、グドゥは最寄り駅から1時間ほどの「ベランプール」という駅で夜間に働き、サルーもたまに手伝っていました。

 

ベランプール

正確には「ブルハンプール」。幼いサルーは「ベランプール」と記憶していた。

サルーの故郷は実際は「ガネーシャ・タライ」と言うが、「ガネストレイ」と記憶していた。

サルーは正確な駅名・地名を憶えていなかった!

 

兄を探して回送列車に乗ってしまう

 

2人が失踪した日も、同じように「ベランプール駅」に向かいました。

 

しかしその夜、駅に着いたところでサルーは疲れ果てて、駅のホームにあるベンチで眠ってしまいます。

 

グドゥはやむを得ず、すぐ戻ってくることを伝え、サルーを置いて仕事に出かけますが…。

 

駅のホームで目を覚ましたサルーは、グドゥが戻ってこないことでパニックになります。

 

グドゥとはぐれたと思い、サルーは駅に停まっている列車に飛び乗りました。

 

そして列車は走り出してしまう…。

 

列車の中を探しますが兄の姿はなく、サルーは列車の中で眠ってしまいます。

 

どれくらい眠ったのかはわかりませんが、目を覚ました時にはまだ列車は走っています。

 

客など誰ひとり乗っておらず、その後更に数時間ほど停車するまで待っていました。

 

実はサルーが乗った列車は「回送列車」で、12時間以上列車に閉じ込められ、1600kmほど運ばれしまったんです。

 

着いた先はインドの都市コルカタにある「ハウラー駅」。

 

↑「ベランプール」からコルカタまで

 

弟サルーが失踪したのはアクシデントだったんですね。

 

そこから母カムラに再会するまでに25年です…。

 

兄グドゥの遺体が線路近くで見つかる

 

兄グドゥは亡くなってた

 

弟は回送列車に乗ってコルカタまで行ってしまいました。

 

ただ、兄は「ベランプール駅」にいたはずですよね。

 

しかし兄も家に戻ってきませんでした。

 

しばらく経っても兄弟は戻ってこず、母カムラは懸命に探しましたが…。

 

兄グドゥの遺体が線路近くで見つかります。

 

グドゥはサルーが列車に乗ってしまった日に、何らかの理由で列車に轢かれて亡くなっています。

 

なぜグドゥが列車に轢かれたのかは誰も知りません。

 

コルカタに着いてから→養子として引き取られサルー・ブライアリーに改名

 

言葉が通じない

 

家に帰ろうにも、5歳のサルーは字を読むことも数を数えることもできなかったとのことです。

 

自分の苗字もわかりませんし、住んでいた町の名前も正確に憶えていません。

 

路上生活

 

サルーの故郷もコルカタもどちらもインドではありますが、言語が違いました。

 

コルカタで使われる言語はベンガル語なのですが、サルーはヒンディー語しか使えません。

 

駅に着いてから必死に助けを求めますが、誰も言葉がわからないため通じません。

 

サルーは3週間ほどの間、残飯を拾ったり物乞いしたりして生活していました。

 

保護される

 

サルーを見かけて気の毒に思った男性が声をかけてきました。

 

3日間ほど自宅で預かった後、刑務所に連れて行きました。

 

その翌日、刑務所から少年院に送られます。

 

サルーさんはこの時を思い出し「周りが恐ろしかった」と語っています。

 

その後は孤児院に送られ、教育を受け、養子として引き取られることに。

 

オーストラリアのタスマニア州に住むブライアリー夫妻に引き取られ、名前も「サルー・ブライアリー」になりました。

 

「ブライアリー」は養子として迎えられた時の苗字ですね。

 

この時既に、兄とはぐれてから1年が経過しています。

 

ブライアリー家での生活

 

優しい夫妻

 

サルーは夫ジョン・ブライアリー、妻スーの家に引き取られました。

 

オーストラリアなので当然インドと生活は異なりますよね。

 

しかし夫妻は、急な環境変化でサルーが不安にならないよう努めてくれました。

 

インドの置物を用意したり、近所のインド人夫妻と話したりと、インドの文化に触れる機会作ってくれたんです。

 

親切で、とても温かい夫婦でした。私のために、インドにも興味を示してくれる最高の人たちです

 

と、サルーさんは語っています。

 

上の写真を見ればもう仲が良い事は明白ですよね!

 

2人に対して一切の抵抗もなく「お父さん」「お母さん」と呼びました。

 

しかし、故郷や家族のことをずっと考えていていました。

 

家族と別れて21年が経った2007年、養父母の家を離れてオーストラリアの首都キャンベラの大学に進学。

 

故郷を探し始める

 

大学には世界中から留学生が集まっていて、その中にインド人の留学生がいました。

 

サルーはその留学生と親しくなり、これまでの事情を説明しました。

 

そこから故郷への想いが強くなり、故郷を探し始めます。

 

しかし……前半の方にチラッと書きましたが、サルーは駅や地名を間違えて覚えています。

 

サルーの記憶では、駅が「ベランプール」で、故郷が「ガネストレイ」。

 

その名前で検索してももちろん見つかりません。

 

サルーが正確な名前を憶えていなかったため、故郷を見つけるのは不可能だと思いましたが…。

 

【なんだこれミステリー】サルー・ブライアリーはどうやって故郷を見つけたのか

 

上空から等の、景色を確認できる「グーグルアース」

 

探し始めて5年

 

駅の名前などを正確に憶えていないサルーでしたが、景色などは憶えていました。

 

そこで、指定したポイントの画像を見ることができる「グーグルアース」で探し始めました。

 

 

こんな感じに見れるやつですね!ちなみにこちらの画像、以前『なんだこれミステリー』で取り上げた、「時が止まる横浜の公園」のやつです。

 

「プール」が付く地名の周辺を探しましたが、インドには「プール」が付く駅名が多く見つかりません。

 

探し方を変えて、サルーが辿り着いたコルカタの「ハウラー駅」から、全ての路線をグーグルアースで辿りました。

 

ハウラー駅から1000km圏内全てを辿ったが見つからず…。

 

今度は1000km圏外を探し始めます。

 

2011年3月31日の夜、「ブルハンプール」という駅を見つけました。

 

サルーが憶えていた「ベランプール」と音が似ていますね。

 

ここが兄と別れた駅だと思い、故郷からの最寄り駅を探します。

 

そして故郷の最寄り駅「カンドワ駅」を見つけ、更に周辺をグーグルアースで探します。

 

 

そしてついに故郷「ガネーシャ・タライ」を見つけました。

 

こちらの地名も「ガネストレイ」と音が似ていますね。

 

養父母に「家族に会いたい」と伝え、養父母も快く送り出してくれました。

 

【なんだこれミステリー】サルー・ブライアリー約25年ぶりに母カムラと再会

故郷を離れて約25年が経った2012年2月11日、インドの故郷へ向かいました。

 

家の前には3人の女性が居ましたが、サルーさんは誰が母親か分かったといいます。

 

サルーさんはようやく家族と再会することができました。

 

そこで兄グドゥが亡くなったことを聞きました。

 

母のカムラさんは2人が居なくなった後探し回っていて、それでも見つからなかったため人を雇っていたそうです。

 

貧しい家庭であったため、以前より多くの時間働いたといいます。

 

移住を勧められていたそうですが、「サルーが帰ってきた時のため」とその場に居続けることを選びました。

 

サルーさんは養父母にメールで家族に会えたことを伝えます。

 

25年も経っているので、「最悪もういないかもしれない」と思っていたそうですが、無事に家族と再会を果たすことができました。

 

2人の母が出会う

 

翌年、サルーさんの実母カムラさんと、養母のスーさんが出会いました。

 

サルーさんとスーさんがインドに訪れたんです。

 

実は名前が「サルー」ではなかった

 

実は名前は「サルー」じゃなかったそうです。

 

実際の名前は「シェルゥ」で、「サルー」は5歳のサルーさんが間違えて憶えていたとのこと。

 

「シェルゥ」の意味はヒンディー語「ライオン」

 

サルー・ブライアリーは現在父親探し中?

 

サルー・ブライアリーの失踪から再会までの映画『ライオン ~25年目のただいま~』

 

全世界で1億ドルを超える興行収入

 

 

インドで生まれ育つも5歳の時に迷子になり、その末にオーストラリアへ養子に出された若者。

以後25年、不自由なく暮らしながら成長したが、どこか欠落感を拭えずにいた。やがて彼は決意を固め、記憶を頼りに故郷を探し始める。

 

最初に言いましたが、この話は実話で映画になっています。

 

25年の重みは私なんかでは語れないので、ぜひ映画を見て下さい!

 

かなりネタバレになっちゃってますが、それでも楽しめるものになっています。

 

『なんだこれミステリー』で取り上げられた事件やオカルト話

-事件
-

Copyright© 気に知り! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.