未分類

【C案】大阪・関西万博のキャラクターのデザイナー(制作者)は誰?

投稿日:

引用:https://news.mynavi.jp/photo/article/20220322-2299928/images/001l.jpg

 

3月22日、大阪・関西万博の公式キャラクターデザインが決定しました。

 

最終候補に残った3つのデザインからユーザーが投票する形式で、C案のキャラクターが選ばれました。

「怖い・キモい・キモ可愛い」など話題になっていましたね。

 

こちらのC案のデザイナーが誰なのか見てみましょう。

 

 

大阪関西万博のキャラ C案のデザインをしたのはだれ?

 

デザイナーの山下浩平(やました こうへい)

引用:https://news.mynavi.jp/photo/article/20220322-2299928/images/001l.jpg

 

C案はグループ「mountain mountain」が応募していて、代表者は山下浩平さんとのこと。

 

制作意図
ロゴマークをそのままキャラクターに出来ないかな?というアイデアから生まれました。「水の都」の水と一緒になることで、姿を変えられることをコンセプトに、ロゴマークをパーツに分けて、色々な形のキャラクターを考えてみました。生き生きとしたロゴマークのイメージを損なわない様に心がけました。

 

特徴
このキャラクターに定まった形はありません。メインのデザインはあくまで形のひとつ。赤い部分は分裂し、青い部分は自在に形を変える。定まることはありません。万博に関わる全ての人々、一人一人の頭の中で、キャラクターは色々な姿に変化してゆきます。だからこそ、その形は、今の多様性の世の中から善き未来の姿をうつし出すことを願っています。

 

キャラクターとロゴマークの関係性
生きているロゴマークは、ずっと「変わりたい」と願っていました。ある時、清い水と出会ったことで、色々な形に姿を変えることが出来る様になりました。その時から、ロゴマークはこのキャラクターと、ひとつになりました。ロゴマークは「なりたい自分になる」そう願いながら日々、より善き姿を求めて変化しています。想像する力がある限り、変化の可能性は無限大です。

引用:https://character.expo2025.or.jp/characterannouncement.html

 

このキャラクターは1つの形でなく、様々な形に変身することができるのですね。

 

変身バリエーションは以下があるそうです。

 

引用:https://www.meti.go.jp/press/2021/03/20220322006/20220322006.html

 

ロゴも水も変幻自在なのですね。可愛さやカッコよさではなく、少し狂気じみた感じが新しくていいと思います。

 

 

C案のデザイナー山下浩平さんの他の作品

 

山下さんの作品をいくつかあげてみました。山下さんは絵本作家でもあり、絵本も描かれています。

 

はてなくん

出典:しまじろうチャンネル(YouTube)

https://ouchi-iku.com/hatenakun/

 

 

恐竜2009 砂漠の奇跡!!

 

 

絵本など

 

引用:https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/4900196.html

 

引用:https://www.amazon.co.jp/%E5%A5%A5%E6%9C%AC%E6%98%86%E8%99%AB%E8%A8%98-%E5%A5%A5%E6%9C%AC-%E5%A4%A7%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/4905706939

 

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/4593102413/

 

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/4032213003/

 

他にもまだまだありますが、詳しくはコチラ。

 

 

【C案】大阪・関西万博のキャラクターのデザイナー(制作者)は山下浩平 まとめ

 

というわけで、関西万博のキャラクターのC案のデザイナーは山下浩平さんでした。

 

C案のキャラクターの名前は今後公募するようです。もし応募できるなら送ってみるのもいいですね。

-未分類

Copyright© 気に知り! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.