事件

【ありえへん∞世界】クリステン・ギルバートの現在は?経歴(生い立ち)も

更新日:

 

 

「死の天使」と呼ばれた看護師について

 

3月8日の『ありえへん∞世界』にて、患者に不可解な死が起こるアメリカの病院が取り上げられますね。

それは看護師のクリステン・ギルバートが警備員のジェームス・ペローに会いたいがために、患者にエピネフリンを投与して容態を悪化させていた事件でしたね。

 

 

実はクリステンが異常だったのは看護師になってからではなく、以前から自殺未遂のでっち上げなどの異常な行動がありました。

 

この記事ではクリステン・ギルバートの現在・生い立ちについて取り上げるので、お付き合いください。

 

【ありえへん世界】クリステン・ギルバート(クリスティン)の現在

 

4回の終身刑で現在も収監されている(2022/3 現在:54歳)

 

クリステンは看護師でありながら、何人もの患者を殺害。

2001年3月、クリステンは3件の第1級殺人、1件の第2級殺人、2件の殺人未遂で有罪判決を受けた。
仮釈放可能性なしの4回の終身刑と、追加の20年を言い渡された。

彼女は現在もテキサス州の連邦刑務所に収監されています。

 

【ありえへん世界】クリステン・ギルバートの生い立ち・経歴

 

クリステンは虚言癖があった

 

ノーサンプトンの退役軍人医療センター(VAMC)の看護師になるまで

 

1967年11月13日、マサチューセッツ州フォールリバーでクリステン・ヘザー・ストリックランドとして生まれた。1980年代初頭に家族でマサチューセッツ州グロトンに引っ越した。

 

1980年代初頭、友人や家族は彼女に虚言癖があることに気づきました。
友人や隣人によると、クリステンは殺人犯リジー・ボーデンの親戚であるという根拠のない主張をしていたようです。

 

リジー・ボーデンとは

1860-1927(66歳没)

1892年に、父親と継母が斧で殺害された事件の被疑者の女性。疑わしい点は多かったが、裁判では無罪となった。その事件の真犯人は捕まっていない。

詳しくはこちら

 

1984年(16歳)、クリステンは優等生で1年半早くグロトン・ダンスタブル地域高校を卒業し、ブリッジウォーター州立大学に入学し医学部進学課程を専攻。

 

1985年(17歳)。彼氏によると車に悪戯したり、爪で引っ搔いて攻撃したり、自殺未遂を装ったりしていたそうです。
ブリッジウォーター州立大学の職員は、この自殺未遂騒ぎを受けてクリステンに精神科治療を受けるように命じました。

 

1986年(19歳)、夫となるグレン・ギルバートと出会い恋に落ちる。

 

1987年(20歳)、グレンの近くにいるために、ワチューセット・コミュニティ・カレッジに転入し、さらにグリーンフィールド・コミュニティ・カレッジに転入。
そして訪問看護師協会でホームヘルパーの仕事に就いた。
ホームヘルパーとして働いている時に、知的障害の子供を熱いお湯の風呂に入れて、体の60%以上に火傷を負わせる。

 

1988年(21歳)、グリーンフィールド・コミュニティ・カレッジを卒業し、看護学位を取得。
同年、グレンと駆け落ちして結婚しクリステン・ギルバートになる。新婚生活が始まったが、口論の際に肉切り包丁を手にグレンを家中追いかける事態も起こる。

 

 

1989年、マサチューセッツ州ノーサンプトンの退役軍人医療センターに就職し、C病棟で働くことになる。

 

看護師になる以前から、自殺未遂の偽装・子供への火傷・夫を包丁で追いかける等、異常な行動をしていますね。

 

看護師になってから現在まで

 

80人以上の死亡に関与した可能性がある

 

1990年(23歳)、クリステンがシフトの時、病棟Cで異常に患者が多く死亡するようになり、「死の天使」と呼ばれだす。クリステンは周囲のスタッフからの信頼が厚かった。

 

1991年(24歳)、長男を出産。

1993年(26歳)、次男を出産。

 

 

1994年、新しく病院の警備員に採用されたジェームス・ペローに出会い関係を始める。
この頃、グレンとは破綻していく。

この後、仕事中にジェームスに会うために患者にエピネフリンを投与して緊急事態を引き起こし始めます。

この辺のことについてはコチラ

 

1995年8月から1996年2月までに、4人の患者を殺害。同僚の看護師の告発により、警察がクリステンの調査を始める。

調査の最中に退職し、精神病院に7回入院。

 

 

1996年9月(28歳)、調査の妨害・元同僚への仕返しとして虚偽の爆破予告。
同年10月に逮捕され、11月に起訴。

1998年1月(30歳)、爆破予告の件で有罪判決。15ヶ月の刑。

 

1998年11月(31歳)、殺人罪・殺人未遂で起訴。翌年5月、もう1人の患者の死についても起訴される。

2001年3月14日(33歳)、3件の第1級殺人、1件の第2級殺人、2件の殺人未遂で有罪。4回の終身刑プラス20年の刑。

 

そして今も収監されていますね。また夫のグレンとは、1998年に離婚したそうです。

 

爆破予告・殺人4件・殺人未遂2件で有罪になったクリステンですが、裁判で検察は他の問題行動についても指摘していました。

 

 

クリステン・ギルバートが病院で行った問題行動

 

エピネフリンを投与して緊急コールをしていたクリステンですが、どうやらそれだけではなかったようです。

 

裁判では、検察官はギルバートが1988年1月か2月にマサチューセッツ州グリーンフィールドにて大きな包丁で人を襲う事件を起こしていたことや、1995年11月にも2回毒殺未遂を起こしていたことを指摘した。

 

検察は、ギルバートが1996年1月28日に退役軍人病院で患者を中毒しようとしたこと、そして1994年1月30日に退役軍人病院で患者の呼吸管を抜去することによって医療緊急事態を引き起こしたと述べた。

 

検察は、ギルバートが1995年11月9日に心停止を受けている患者を放置して、別の看護師に患者の確認のために同行するよう依頼したと指摘。検察によると、同僚が患者のトラブルを発見するまで、敢えて警報を発しないでいたという。

 

ギルバートは、1995年11月17日の自ら使用することを拒み、訓練を受けていない同僚に患者に心臓除細動パドルを使用するよう強制した。

 

検察によると、ギルバートは1996年7月に口頭と物理的両方で少なくとも1人に対し殺すことを意味する脅迫をした[10] 事件の8年ほど前、看護師になる前に在宅介護の仕事をしていた際に、ギルバートは、知的障害の子供を熱い風呂水に入れてやけどを負わせていた[16]。

引用:ja.wikipedia.org

 

看護師とは思えない行動の数々ですね。それだけジェームスに対して歪んだ愛を持っていたようです。

 

クリステン・ギルバートと警備員ジェームス・ペローの関係についてはこちら

【ありえへん世界】警備員と不倫!クリステン・ギルバートとジェームス(恋人)の関係は?

 

クリステン・ギルバートの現在・生い立ちまとめ

 

というわけで現在はテキサス州の連邦刑務所にいます。看護師になる前も自殺未遂の偽装など、奇怪なことをしていました。

頭がよく信頼が厚い看護師だったっていうのは質が悪いですね。こんな看護師が今後出てこないことを願います。

 

-事件
-

Copyright© 気に知り! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.