事件

【仰天ニュース】新井竜太と高橋隆宏の家族!現在は死刑判決で収監中【極悪いとこ】

更新日:

2022年6月28日の『仰天ニュース4時間スペシャル』で、従兄弟が共犯で起こした事件が取り上げられます。

 

犯人は新井竜太(あらいりゅうた)と、高橋隆宏(たかはしたかひろ)です。
2人は母親同士が姉妹の「いとこ」。

 

”新井が計画・高橋が実行”の関係で、「俺が頭で、お前が体」と新井も言っています。

 

2人は、2008年に横浜市の高橋の養母を溺死、2009年に埼玉県深谷市の叔父を包丁で殺害

 

この事件は「横浜深谷連続殺人事件」と言われています。

【体を貫通するほどの力で…】横浜深谷連続殺人事件はこちら

 

この記事では新井と高橋の”現在と家族”について取り上げます。事件の内容を知らないって方は、先に上のリンクからお願いします!

 

【仰天ニュース】新井竜太(あらいりゅうた)の現在は死刑判決で執行待ち

 

2015年12月4日に死刑確定

 

高橋に指示を出し、2人を殺害させた新井は死刑が確定して、現在は東京拘置所に収監されています。

 

新井はさいたま地裁の裁判員裁判で、2012年2月15日に死刑を求刑されるが、新井は容疑を否認。
2月24日、無罪主張を退けて、死刑を言い渡されます。
埼玉の裁判員裁判では初めての死刑求刑、死刑判決となりました。

 

新井は判決を不服とし東京高裁に控訴しますが、「2人の生命を奪った結果は重大で、死刑はやむを得ない」と棄却。

 

最高裁に上告するも、「高橋が意のままになることを利用して冷酷、非道な犯行を発案、計画し、実行させた。責任は高橋に比べ相当に重い」と棄却。

 

2015年12月4日に死刑が確定し、現在は執行待ちの状態です。

 

確定から執行まで

2019年までの10年間に執行された48人の、確定から執行までの平均期間は約7年4カ月。

 

2010年11月に逮捕された時点で、新井竜太は41歳でした。

 

【仰天ニュース】高橋隆宏(たかはしたかひろ)現在は無期懲役で収監中

 

主犯の新井より軽い「無期懲役」

 

さいたま地裁にて、検察は高橋に対して死刑を求刑していました。

 

弁護側は「新井が主導的立場であり、高橋は服従する関係にあった」こと、「高橋の自白で事件の全容が解明できた」ことから、情状酌量による無期懲役を求めました。
1件目の養母殺害は当初、神奈川県警は”事件性なし”と見ていました。そのため、もし高橋が自白しなければ明るみにならなかったでしょう。

 

2011年7月20日、さいたま地裁は弁護側の主張をほぼ認め、高橋は無期懲役判決を受けました。

 

控訴せず判決が確定して、高橋は現在、宮城刑務所で服役中とのこと。

 

拘置所と刑務所

刑務所」は、「刑事裁判において自由刑に処せられた者を収容する刑事施設」であり、刑事裁判が確定していることが前提となっています。
他方、「拘置所」は、「まだ裁判が確定していない被告人や、死刑判決が言い渡されて、死刑の執行を待つ受刑者」を収容する場所としての意味を持ちます。

引用:https://business-textbooks.com/keimusho-kouchisho/

「自由刑」は、懲役や禁錮など、自由が制限されるもの。

 

2010年11月時点での高橋隆宏は37歳でした。
無期懲役の平均受刑期間は「31年」とのことなので、出てくる時は70近い歳になってますね。

 

高橋は養母殺害を自白したこと、新井に従っていたことから、新井の死刑より軽い無期懲役になりました。

 

ただ、実は新井は冤罪で、高橋が自発的に2人を殺害したという疑惑もあるようですね。

新井の冤罪疑惑について

 

外部サイトですが、新井竜太と面会した人の話が見れます。死刑を恐れた高橋が、新井を売ったとのこと。

 

【仰天ニュース】画像あり!新井竜太(あらいりゅうた)の子供や妻などの家族

 

引用:tocana.jp

 

新井には内妻と本妻がいて、少なくとも子供が2人いるようです。

 

2008年3月13日の”高橋の養母”殺害の日、次男を本妻の家に預けているので、本妻との子供だと思われます。
新井は事故に見せかけ死亡保険金を得た後、滞納していた本妻の家の家賃、滞納していた内妻の治療費を支払っています。

 

ちなみにですが、殺害現場は新井の母親が経営する会社の事務所で、最初に遺体を発見したのは新井の母親でした。

 

2009年8月6日、叔父に自分の子供の悪口を言われた(+金銭トラブル)として、叔父の殺害を企てます。凶器に包丁を使うのですが、その包丁は内妻の家の包丁でした。

 

内妻と本妻が互いの存在を認知しているのか、家族の現在などは不明です。

 

【仰天ニュース】高橋隆宏(たかはしたかひろ)の家族について

 

保険金目当てで養母を自らの手で殺害

 

高橋は金銭目的から、出会い系サイトで知り合った被害者女性と養子縁組を交わしています。

 

高橋も新井も、被害者女性に対して”金銭を得るための道具”としか見ていません。そして利用価値が無くなったと考えて、最後に保険金目当ての殺害を計画。

 

2008年3月13日午前9時頃、新井の指示で、高橋は養母を風呂に沈めて殺害しました。

 

睡眠薬入りのドリンクを2本飲ませて睡眠状態にし、溺れさせて窒息死させています。

 

事故と見られて死亡保険金3600万円が高橋に振り込まれ、そのうちの「800万円持って帰る」と当時同居していた内妻にメールを送っています。子供がいるかどうかはわかりませんが、同居していた相手がいたようですね。

 

完全犯罪でしたが、この事件は高橋の自白によって発覚します。

 

「死刑は怖いが、遺族の立場になって考えると話さないといけないと思った。子供に面と向かって、罪を償って出てきたと言いたかった」と自白の理由を述べています。

 

養母の遺族は、高橋と新井に対して極刑を望んでいました。

 

被害者は金づるとしか見られていなかったので、遺族としては当然の怒りでしょうね。

 

【仰天ニュース】新井竜太と従兄弟・高橋隆宏の現在・家族まとめ

 

まとめ

新井竜太:死刑判決で東京拘置所

高橋隆宏:無期懲役で宮城刑務所

 

2人が起こした事件の内容と逮捕についてはこちら

 

 

実行犯より、主犯の新井が重い罰を受けることになりましたね。

 

新井には子供がいるので、親が殺人者とは可哀想ですね。親が死刑執行されたらどう思うんでしょうか。家族がいるのなら、家族を想い、踏みとどまって欲しかったですね。

 

いくら新井に言われたとはいえ、殺害を実行に移せる高橋も異常と言えるでしょうね~。2件目の殺人は躊躇したとのことですが、結果的に結構な力で殺害していますし。

 

新井は死刑確定してからそろそろ7年、再審請求などはしていないようですね。本当に冤罪なのかどうか気になる所ですね。

 

-事件
-,

Copyright© 気に知り! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.